カネトク

0564-62-6815(代表)

お問い合わせ

スタッフブログ

5月22日(日)藤が丘店のおやつ

カネトクでは、日曜日に限り、夕方の休憩時間に、スタッフにおやつが配られます。藤が丘店のおやつは、カネトクで売っている旬の果物中心に構成されています。スタッフブログでは、カネトクの雰囲気を知っていただくため、毎週おやつの紹介をしていきたいと思います。

5月22日(日)のおやつ

パパイヤメロン(鹿児島産)
パパイヤメロンの食べごろがありましたので、おやつにしてみました。長崎産のものに比べると、若干味は薄いのですが、甘みが十分にあって美味しかったです。1人1/10カットです。

セミノール(和歌山産)
セミノールも、いよいよ終了となるので、おやつにしてみました。酸味が思ったほど強くなく、食べやすかったでした。1人1/2カットです。

ふじ(青森産)
サンふじが終わって、ふじを販売するようになったので、おやつにしてみました。サンふじに比べると甘みが若干落ちますが、食感はしっかりとしていて美味しかったです。1人1/10カットです。

きらぴ香(静岡産)
きらぴ香のお値打ち品の入荷があったのでおやつにしてみました。小粒のイチゴで、味のバラつきが多少ありましたが、酸味と甘みのバランスがよく、美味しかったです。1人2粒です。

佐藤錦(山梨産)
さくらんぼのお値打ち品の入荷があったのでおやつにしてみました。まだ、シーズンが始まったばかりなので、甘みは思ったよりも少なめでした。1人1個です。

 

一人当たり予算200円の中、おやつを考えて出しています。

 

岡崎店を出店して、早2か月経過しました。JR名古屋高島屋フードメゾン岡崎店は、開店当初の勢いはなくなり、かつては1日の来客数が1万人を超えフードメゾン全体で1日当たりの売上が15,000千円あった日もありましたが、母の日が終わってからというもの、今は、1日の来客数が5000人ぐらい、フードメゾン全体の売上も1日7,000千円弱と落ち着いてしまいました。

イオンモール岡崎全体で見ても、来客数が1日平日3万人(土日4万人)ぐらいだったのが、最近は1日平日2万5千人(土日3万5千人)ぐらいで、落ち着いているみたいです。

そんな中でも、カネトク岡崎店は、初めからそんなに売れていたわけではないのですが、ずっと同じぐらいの売上をキープしており、生鮮3品の中で、カネトクが一番の日も、ちらほら出てくるようになりました。

最近感じるのは、お客様が、本当に欲しいものを欲しいだけしか買わなくなったということです。セールをしているしていないにかかわらず、余分なものを買わなくなったような気がします。
イオンモール岡崎には、たくさんのお客様がご来店されますが、買い物した商品をもっているお客様は、多く見積っても半分ぐらいで、半分ぐらいは、何も買わず次に来た時に何を買うのか物色するためか、ぶらぶらしている人がとても多いです。

ここ最近は、賃金は上がらないのに物価はどんどん上がり、また、将来の税金増、年金減は確実に起こると考えられることから、お金を使うことにとても慎重になっているような気がします。

このような環境の中で商売をして勝ち抜いていくには、とにかく、カネトクで買い物をすると、得をするというよりも損しないと思わせるようなことをしないといけないということです。今日、お買い物してくださったお客様が、また次もカネトクで買い物してくださるようにするには、どうしたらいいのかということになります。

個人的には、カネトクの商品の味を知ってもらい、納得した上で、カネトクの商品を買ってもらえる体制を構築したいと考えています。試食はコロナ禍で難しいので出来ないのですが、食べて納得してもらって買っていただくことをまじめに考えています。味を確かめた上で買うことができるという、お客様にとってハズレなしの商売は、欲しいものしか買わなくなったお客様にとって、納得してお金を払うことができるのではないかと思います。

買って食べないと味がわからないのでは、お金を出す方も慎重になりがちです。商品の味を知ったうえで買い物できるカネトクを何とか実現したいと思う、今日この頃です。

記事作成 内藤良太郎

 

 

 

 

 

5月15日(日)藤が丘店のおやつ

カネトクでは、日曜日に限り、夕方の休憩時間に、スタッフにおやつが配られます。藤が丘店のおやつは、カネトクで売っている旬の果物中心に構成されています。スタッフブログでは、カネトクの雰囲気を知っていただくため、毎週おやつの紹介をしていきたいと思います。

5月15日(日)のおやつ

きらぴ香(静岡産)
きらぴ香のお値打ち品の入荷があったので、おやつにしてみました。この時期にしては、思ったよりも甘みが強く美味しかったです。1人1粒です。

カラマンダリン(愛媛産)
カラマンダリンのお値打ち品の入荷があったので、おやつにしてみました。なつみに比べると若干酸味が強めですが、甘みも十分にあって美味しかったです。1人1/2カットです。

ブルーベーリー(愛知産)
ユーリカという大粒の品種のブルーベリーの入荷があったので、おやつにしてみました。甘みが強く、大粒なので食べ応えもあって美味しかったです。1人1粒です。

 

サンふじ(青森産)
いよいよサンふじも終わりとなりますので、最後におやつにしてみました。食感はサクサクで、甘みも十分にあって美味しかったです。1人1/10カットです。

プリンスメロン(熊本産)
食べ頃のプリンスメロンがあったので、おやつにしてみました。丁度の食べごろで切ったので、甘みも果汁も十分にあって美味しかったです。スタッフの評判も良かったです。1人1/10カットです。

 

一人当たり予算200円の中、おやつを考えて出しています。

仕事ができる人とそうでない人との違いは何なのかということを、最近、よく考えさせられます。これにはいろんな理由が考えられますが、その理由の一つとして、無駄なことをしないということが挙げられます。

全ての人間に対して時間は平等に進んでいきます。仕事のできる人は、目標を達成するための最短距離を計算し、その平等に与えられた時間をどう効率よく使うかを考えます。

自分がこの人無駄なことしているなと感じるのは、文句を言っているときです。確かに文句を言いたくなるようなことは少なからずあると思いますが、文句を言うことが、目標を達成するための最短距離かと問われると、それは違うと思います。

政治が悪い、経営者が悪い、親が悪い、先生が悪いと、色々と文句を言いたくなることはありますが、これらの要件は、その組織の中にいる限りはみんな同じ環境にいるわけで、何かその組織の中で悪いことがあっても、多くの場合、成績や収入がいい人と悪い人に分かれます。このいい人と悪い人の差は、文句を言って自分に都合の悪いことは他人のせいにするか、どうしたらよくなるのか自分の行動を分析し、与えられた条件の中で何が最善なのかを考え、行動に移せるかだと思います。

結局、無駄なことをする人は、無駄なことをすることに気を使うため、仕事ができる人とどんどん差をつけられます。これは、教えてわかることなのかどうか、自分ではよくわかりませんが、自分の成績や収入アップにはつながらないことは確かだと思います。これをうまく伝えるには、どうしたらよいのか、最近、色々と考えされられます。

記事作成 内藤良太郎

 

5月8日(日)藤が丘店のおやつ

カネトクでは、日曜日に限り、夕方の休憩時間に、スタッフにおやつが配られます。藤が丘店のおやつは、カネトクで売っている旬の果物中心に構成されています。スタッフブログでは、カネトクの雰囲気を知っていただくため、毎週おやつの紹介をしていきたいと思います。

5月8日(日)のおやつ

クレアミニトマト(愛知産)
クレアミニトマトの入荷があったのでおやつにしてみました。果肉が少し柔らかめですが、甘みがしっかりとあって美味しかったです。1人2粒です。

クインシーメロン(熊本産)
クインシーメロンの食べごろがあったので、おやつにしてみました。出始めのメロンですが、甘みも果汁も十分にあって美味しかったです。1人1/10カットです。

ジョナゴールド(青森産)
久々に大玉のジョナゴールドの入荷があったので、おやつにしてみました。果肉が思ったよりもしっかりとしていて、甘みも十分にあり美味しかったです。1人1/10カットです。

 

クリムゾンシードレス(オーストラリア産)
先週緑のブドウをおやつにしたので、今週は、赤ブドウをおやつにしてみました。緑ぶどうに比べてほんの少し酸味がありますが、甘みも十分にあって美味しかったです。1人4粒です。

朝どり章姫(愛知産)
朝どり章姫の入荷があったのでおやつにしてみました。朝どりだけあってイチゴの香りが強く、甘みも十分にあって美味しかったです。1人1粒です。

一人当たり予算200円の中、おやつを考えて出しています。

ロシアがウクライナに侵攻して2か月以上経ちましたが、戦闘が収まる気配がなく、罪のないウクライナの方たちが不幸な目にさらされるのを、指をくわえて見ているしかない日々が続いています。

そもそもロシアがウクライナに破壊工作を始めたきっかけは、10年ほど前に東部2州の下に巨大なシェールガス田が発見されて、西部メジャーと共同開発を始めたことだそうです。

カーボンニュートラルに向けて石油が売れなくなるのを見越し、天然ガスを抑えて資源外交の優位性を確立させるのがロシアの本当の目的のようです。ウクライナがNATOに加入することよりも、この資源を西側にとられてしまうことが、本当にロシアにとって困ることのようです。

この考え方からすると、ロシアが核兵器を使って世界を巻き込んだ拡大自殺を図る可能性は低いと思われます。ましてや、資源のない日本は、眼中にないのではないのでしょうか。攻撃されても、アメリカ軍の基地ぐらいだと思います。

ただ、今のロシアのやり方は本当によくないと思います。日本は、西側諸国と足並みをそろえて石油をロシアから買わないことをしないみたいですが、その購入した資金で、ウクライナの方が不幸にさらされているのかと思うとやり切れません。軍事的協力ができないなら、せめて、ロシアの軍資金を増やさないことを、もっと積極的にやってほしいと思います。

そして、カーボンニュートラルを推進して、ロシアから資源を買わなくても全然大丈夫な世の中をつってほしいと思います。時間はかかりますが、ロシアにお金がいかないようにすることが、今後の世界の秩序を維持してくことにつながります。日本には、この分野でできることができることがたくさんあると思います。意味のない制裁を増やすよりも、こちらの方に、力を入れてほしいと思う今日この頃です。

記事作成 内藤良太郎

 

5月1日(日)藤が丘店のおやつ

カネトクでは、日曜日に限り、夕方の休憩時間に、スタッフにおやつが配られます。藤が丘店のおやつは、カネトクで売っている旬の果物中心に構成されています。スタッフブログでは、カネトクの雰囲気を知っていただくため、毎週おやつの紹介をしていきたいと思います。

5月1日(日)のおやつ

田原の紅ほっぺ(愛知産)
田原の紅ほっぺがそろそろシーズン終了となりそうなので、おやつにしてみました。
最盛期の頃と比べると味が若干薄めですが、酸味と甘みのバランスが良く、美味しかったです。1人1粒です。

キンショーメロン(茨城産)
食べ頃のキンショーメロンがあったので、おやつにしてみました。果肉が柔らかくなりがちのメロンですが、食感も甘みもしっかりとしていて美味しかったです。1人1/10カットです。

シナノゴールド(青森産)
シーズンが終わったと思いきや、またシナノゴールドの入荷があったので、おやつにしてみました。食感もしっかりとしており、甘みも十分にあって美味しかったです。1人1/10カットです。

 

なつみ(愛知産)
なつみのお値打ち品の入荷があったのでおやつにしてみました。種が少しありますが、甘みと酸味のバランスが良く、味も濃厚で美味しかったです。今の時期、おすすめの柑橘です。1人1/2カットです。

クリムゾンシードレス(オーストラリア産)
先週赤ブドウをおやつに出したので、今週は緑のクリムゾンシードレスをおやつにしてみました。やっぱり緑のブドウの方が、酸味が少なく食べやすいと思います。1人3粒です。

一人当たり予算200円の中、おやつを考えて出しています。

現在、カネトクの中でも、3回目のワクチンを打つ方がいますが、3回目はモデルナを選択される方が多く、副反応が結構重い方がいます。2回目まではほとんどいなかったと思いますが、3回目は、2日間以上仕事を休まないと回復しない社員が複数でました。

私自身も3回目を打ったのですが、副反応が怖かったので3回目もファイザーにしました。副反応は、腕が少し痛くなったぐらいで、ほとんどありませんでした。

報道によると、4回目のワクチン接種も検討されているようですが、4回目は、60歳未満の人は、基礎疾患があったり、肥満の方だけが対象となるみたいで、自分が4回目を打つのは、10年ぐらい先のことになりそうです。

これまでは、ワクチンの効果が弱くなる前にワクチンを打つと言っていたような気がするのですが、言っていることが全然違ってきていることに驚きました。ワクチンを打たなくなったことにより、若くても重症化する人が、今後は増えてきそうな気がします。

個人的には、60歳未満の人は、希望者は有料で接種できるようにしていただきたいと思います。仕事上、かなり多くの人と接する機会があるし、自分が感染して重症化した場合、会社に非常に迷惑をかけることになるので、ここでワクチン接種を止めてしまうのは、正直とても不安です。

60歳未満の人は、なぜ3回打てば大丈夫なのかの根拠を示していただけるとありがたいのですが、根拠が示されないまま、4回目が打てなくなる可能性が高いです。新型コロナウイルスの脅威がなくなるまでは、ワクチンを何とか打ち続けていきたいと思う、今日この頃です。

記事作成 内藤良太郎

 

4月24日(日)藤が丘店のおやつ

カネトクでは、日曜日に限り、夕方の休憩時間に、スタッフにおやつが配られます。藤が丘店のおやつは、カネトクで売っている旬の果物中心に構成されています。スタッフブログでは、カネトクの雰囲気を知っていただくため、毎週おやつの紹介をしていきたいと思います。

4月24日(日)のおやつ

サンふじ(青森産)
最近、サンふじをおやつにしていなかったので、おやつにしてみました。もうそろそろ終わりの時期ですが、まだ食感がサクサクであり、甘みも十分にあって美味しかったです。1人1/10カットです。

イエローキングメロン(熊本産)
食べ頃のイエローキングがあったので、おやつにしてみました。パパイヤメロンより若干薄めですが、甘みがしっかりとあって美味しかったです。1人1/10カットです。

樹熟清見オレンジ(和歌山産)
この時期にしては珍しく、きれいな清見オレンジの入荷があったのでおやつにしてみました。若干酸味がありますが、果汁も甘みも十分にあって美味しかったです。1人1/2カットです。

 

ゆめのか(愛知産)
守田農園のゆめのかの入荷があったのでおやつにしてみました。真っ赤に熟しているだけあって、甘みと酸味のバランスが良く、美味しかったです。1人1粒です。

クリムゾンシードレス(オーストラリア産)
オーストラリア産の赤ブドウの入荷があったので、おやつにしてみました。若干酸味がありますが、こちらも緑のブドウ同様、皮が柔らかくて食べやすいブドウでした。1人3粒です。

一人当たり予算200円の中、おやつを考えて出しています。

最近、物価の上昇が非常に気になります。しかも、この物価の上昇は、需要に供給が追い付かないために起こっているのではなく、戦争や円安によって、原材料や輸送費などの経費が上がったために物価が上がっており、物が売れなくても、値段がどんどん上がるという変な物価上昇です。

コロナ禍で、少子化や経済の悪化が予想以上のスピードで進み、将来の生活のことを考えると、お金を使うことに凄く慎重にならざるを得ない状況が続いていますが、コロナ禍や戦争の終息がまだ見えず、益々、お金を使うことができない状況に陥っています。

経済対策で、利下げをしたりお金をばらまいたりしていますが、基本的に、みんながお金を使っても、将来の生活に困らないという認識をもつようにならないと、どんなに利下げをしようが、お金をばらまこうが、みんなはお金を使おうとしません。景気も良くなるわけがありません。

コロナ禍や戦争の最中で、お金をつかっても将来の生活に困らないと思わせるのは至難の業だと思いますが、コロナ禍や戦争が終わったら、こうすることで、将来生活に困らなくするようにできそうだという展望を示していくことは、政治を行っていくうえで、とても大事なことなのではないかと思われます。

経営もそうです。今が良くても、将来の展望を描いて、将来も経営は安泰であることを示さないと、従業員は不安になります。ただ、コロナ禍や戦争の最中でこれを考えるのは、非常に難しいです。

今は耐えるしかないのですが、とにかく落ち込まずに前をむいて頑張っていくしかなさそうです。一番ダメなことはあきらめることなので、今の状況を冷静に分析し、何かベストなのかを常に追い求めていきたいと思う、今日この頃です。

記事作成 内藤良太郎

ページトップへ