カネトク

0564-62-6815(代表)

お問い合わせ

5月22日(日)藤が丘店のおやつ

カネトクでは、日曜日に限り、夕方の休憩時間に、スタッフにおやつが配られます。藤が丘店のおやつは、カネトクで売っている旬の果物中心に構成されています。スタッフブログでは、カネトクの雰囲気を知っていただくため、毎週おやつの紹介をしていきたいと思います。

5月22日(日)のおやつ

パパイヤメロン(鹿児島産)
パパイヤメロンの食べごろがありましたので、おやつにしてみました。長崎産のものに比べると、若干味は薄いのですが、甘みが十分にあって美味しかったです。1人1/10カットです。

セミノール(和歌山産)
セミノールも、いよいよ終了となるので、おやつにしてみました。酸味が思ったほど強くなく、食べやすかったでした。1人1/2カットです。

ふじ(青森産)
サンふじが終わって、ふじを販売するようになったので、おやつにしてみました。サンふじに比べると甘みが若干落ちますが、食感はしっかりとしていて美味しかったです。1人1/10カットです。

きらぴ香(静岡産)
きらぴ香のお値打ち品の入荷があったのでおやつにしてみました。小粒のイチゴで、味のバラつきが多少ありましたが、酸味と甘みのバランスがよく、美味しかったです。1人2粒です。

佐藤錦(山梨産)
さくらんぼのお値打ち品の入荷があったのでおやつにしてみました。まだ、シーズンが始まったばかりなので、甘みは思ったよりも少なめでした。1人1個です。

 

一人当たり予算200円の中、おやつを考えて出しています。

 

岡崎店を出店して、早2か月経過しました。JR名古屋高島屋フードメゾン岡崎店は、開店当初の勢いはなくなり、かつては1日の来客数が1万人を超えフードメゾン全体で1日当たりの売上が15,000千円あった日もありましたが、母の日が終わってからというもの、今は、1日の来客数が5000人ぐらい、フードメゾン全体の売上も1日7,000千円弱と落ち着いてしまいました。

イオンモール岡崎全体で見ても、来客数が1日平日3万人(土日4万人)ぐらいだったのが、最近は1日平日2万5千人(土日3万5千人)ぐらいで、落ち着いているみたいです。

そんな中でも、カネトク岡崎店は、初めからそんなに売れていたわけではないのですが、ずっと同じぐらいの売上をキープしており、生鮮3品の中で、カネトクが一番の日も、ちらほら出てくるようになりました。

最近感じるのは、お客様が、本当に欲しいものを欲しいだけしか買わなくなったということです。セールをしているしていないにかかわらず、余分なものを買わなくなったような気がします。
イオンモール岡崎には、たくさんのお客様がご来店されますが、買い物した商品をもっているお客様は、多く見積っても半分ぐらいで、半分ぐらいは、何も買わず次に来た時に何を買うのか物色するためか、ぶらぶらしている人がとても多いです。

ここ最近は、賃金は上がらないのに物価はどんどん上がり、また、将来の税金増、年金減は確実に起こると考えられることから、お金を使うことにとても慎重になっているような気がします。

このような環境の中で商売をして勝ち抜いていくには、とにかく、カネトクで買い物をすると、得をするというよりも損しないと思わせるようなことをしないといけないということです。今日、お買い物してくださったお客様が、また次もカネトクで買い物してくださるようにするには、どうしたらいいのかということになります。

個人的には、カネトクの商品の味を知ってもらい、納得した上で、カネトクの商品を買ってもらえる体制を構築したいと考えています。試食はコロナ禍で難しいので出来ないのですが、食べて納得してもらって買っていただくことをまじめに考えています。味を確かめた上で買うことができるという、お客様にとってハズレなしの商売は、欲しいものしか買わなくなったお客様にとって、納得してお金を払うことができるのではないかと思います。

買って食べないと味がわからないのでは、お金を出す方も慎重になりがちです。商品の味を知ったうえで買い物できるカネトクを何とか実現したいと思う、今日この頃です。

記事作成 内藤良太郎

 

 

 

 

 


ページトップへ